TOPへ戻る

クリニック紹介

診療理念

患者様の話をよく聞き、思っていることを多く引き出すことです。

患者様ひとりひとりに合わせ、分かりやく丁寧な説明を行うよう心掛けています。
患者様にとって親しみをもって通いやすいアットホームなクリニックと感じてもらえることを心がけています。

けんもつ歯科クリニックの特徴

① 感染予防への取り組み

 

院内での感染を徹底して防ぐインフェクションコントロールドクターによる管理体制

インフェクションコントロールドクター(ICD: Infection Control Doctor)の資格を有しております。
インフェクションコントロールドクターは感染症に関するエキスパートを育成するために発足しました。
日本感染症学会という感染を専門的に扱う団体が管轄し、私は日本有病者歯科医療学会から推薦されています。
まだ、歯科医師での有資格者は多くありませんが、病院勤務の内科や外科の医師の間では広く浸透しています。

歯科器具はディスポーザブル(使い捨て)をできるだけ多く取り入れています。
歯科器具を置くアルミトレーは、器具を置いたときの音を発します。
それを防止する為に、紙トレーを使用しています。

歯科用ハンドピース(歯を削るドリル)は唾液や血液にさらされることが多いため、きちんとした消毒滅菌が必要と考えます。
当院では、DACユニバーサル2という、専用の滅菌機器を導入しています。

滅菌の流れ

 

① 診療に使用した器具は、そのままウオッシャーに運びます。

当歯科クリニックで使用している自動洗浄機は予備洗浄によって大きな汚れを落とし、その後90度の熱水と消毒液で洗浄、消毒を行います。

② 高圧蒸気滅菌器 (オートクレーブ)を使った滅菌

その後、器具をパックに詰め、オートクレーブという高圧蒸気滅菌器を使って滅菌作業を行います。
132度まで温度を上げ、真空にしたり、蒸気圧を加えて入れたりすることで、器具のすみずみまで、滅菌効果が行き渡るようにします。 また、使用した歯を削る機器(歯科用ハンドピース)は、患者様ごとに交換して滅菌処理をいたします。

② 患者さんの立場にたったカウンセリング

 

患者様からお話をお伺いして最善の治療計画をご提供致します。

今、お口のことでお困りのことを何でもお話しください。患者様の立場に立って、きちんと聞く姿勢を貫きます。
患者さんにわかりやすく説明するように心がけています。
トリニティーコアというソフトを導入し、撮影したレントゲン写真、口の中の写真、検査データなどを説明シートでお渡しいたします
その説明シートをご覧いただくことで分かりやすく、効率的なインフォームド・コンセントを行うことができます。患者様それぞれの状態、状況に応じた治療計画を立てていきます。
患者様に理解、同意していただいてから治療をはじめていきます。

治療の流れについて詳しく見る

③ 一人ひとりに時間をかけた丁寧な診療

 

患者様のお口の中の状態を把握し歯科医師・衛生士共に丁寧な診療を行います。

基本的に治療は30分~1時間で行います。
あせらず、ゆとりをもって行うことがトラブルを防ぎ確実な治療につながります

また、歯科衛生士によるクリーニング、メインテナンスも同様に30分~1時間で行います。
担当制で行うため、毎回お越しいただいたときの患者様のお口の中でおこる変化を見逃さず、状況をよく把握できます。

診療内容について詳しく見る

④ 幅広い年齢層に対応可能・総合歯科診療

 

医科の分野での経験や様々なタイプの歯科医院での勤務経験を生かした総合歯科診療

歯科医師の治療だけでなく、卒業後、入局した東京女子医科大学歯科口腔外科に5年間在籍しました。
当時の教授である扇内秀樹先生はじめ、色々な先生方にご指導いただきました。
様々な病気をお持ちの患者の歯科治療、口腔外科的な治療を行い、日常的に医科の先生たちと連携してきました。
また、救命救急センター、麻酔科、放射線科でもそれぞれ4ヶ月間研修を行っており、様々な医科の先生たちと一緒に働き、勉強させていただきました。
一般の歯科医師では、まず経験できない貴重な経験を東京女子医科大学時代にさせていただいたので、自分の歯科人生で非常に大きな貴重な経験です。
高齢化社会とともに、様々な内科的な病気をお持ちの患者様が増えてきております。
患者様が受診されている、病院の先生と連携を行い、内科的な病気に関する情報を把握いたします。
私は日本有病者歯科医療学会から認定された認定医であり、モニターも完備しており、患者様が安心して歯科治療を受けることができます。学会等に参加し、日々進歩する医科の情報をアップデートしています。

2010年からは東京歯科大学臨床検査学講座の大学院に入学しました。
臨床検査病理学講座は井上孝教授のもと、基礎研究と臨床の懸け橋として立ち上がられた、病態を知る病理学と検査を専門とする講座です。

私は大学院時代に歯の神経を構成する細胞に関する研究を行い、臨床の現場では病理組織診断、金属アレルギー外来、ドライマウス外来、味覚異常外来を行ってまいりました。
研究結果はイギリスの雑誌に掲載されています。
私が日々臨床をおこなう上で、基礎的な視野から学べたことは非常に役立っております。

表彰・研究実績について詳しく見る

開業前の3年間はけんもつ歯科クリニックを開院に向けて、様々な経験を積みたいと思い、非常勤として様々なクリニック、施設に勤務してまいりました。
勤務先が日本口腔インプラント学会専門医日本歯周病学会専門医、あるいは小児歯科を専門に行っている院長の歯科医院でしたので、最新、高度なレベルの治療で、乳幼児からご高齢の患者様が来院されるクリニックで研鑽を積み、治療を行ってまいりました。
また、特別養護老人ホームや高齢者住宅、居宅への訪問診療も行い、様々な理由で外来通院できない患者様の治療を行い、食事をとりにくい患者様には食事支援や摂食嚥下検査も行ってきました。
そのような幅広い経験を生かして、患者様の治療、健康維持のお役にたちたいと考えております。

ドクター(監物院長)について詳しく見る

 

医療機器

位相差顕微鏡(PerioCam-J、日本テレシステムズ社)

普段見ることがないお口の中の細菌を動画で見ることができます。
ヒトのお口の中には細菌がたくさんいて、種類によっては歯周病の進行や虫歯の原因になります。
悪さをしない常在菌もいますが、スピロヘータという歯周病進行の原因になる菌を減らすことが、歯肉の安定につながります。

電動麻酔注射器(アネジェクトⅡ、日本歯科薬品社)

歯科治療時の局所麻酔はアネジェクトⅡという電動麻酔注射器を使用して行っています。
痛みや不快感を最低限に抑えるよう、コンピュータで麻酔薬の注入される速度を適切にコントロールしています。

CT(ベラビューエポックス3Df、モリタ社)

ベラビュー エポックス3Dfは1台でパノラマ撮影、セファロ撮影、3D(CT)撮影が可能です。
従来のレントゲンと比べて、人体への放射線の影響を抑えることができます。
さらに洗練された多彩な画像処理により、多角的な診断に役立つことが期待できます。
日本歯科放射線学会の歯科X線優良医として、院内の歯科X線を安全に管理しています。

ウオッシャー(WD-150、モリタ社)

治療に使用した器具は、ウオッシャーで熱水による洗浄を行います。
器具に付着した血液や蛋白汚れを落とします。
器具の手洗いを省略できるため、医院スタッフの鋭利物による事故を防止することができます。

歯科用ハンドピース滅菌器(DACユニバーサル2、シロナ社)

ドイツで130年以上の歴史があるシロナ社製のDACユニバーサル2は、治療に使用した後の歯科用ハンドピース内部に入り込んだ切削物、血液、唾液を洗浄、除去して滅菌する装置です。
当院では、このように滅菌した歯科用ハンドピースを患者様ごとに交換し、患者様に安心して治療を受けていただいております。

口腔外バキューム(フリーアームアルテオ、東京技研社)

歯を削るときや、入れ歯や仮歯を調整するときに発生する粉塵が飛び散ります。その粉塵は嫌な臭いを発することもあり、衛生的とは言えません。当院では診療台ごとに口腔外バキュームを設置しています。診療室内を快適でクリーンな環境に整え、患者様の健康を守ります。

Air flow

歯と歯の間や、歯の表面の細かい溝に付いてしまったタバコのヤニやコーヒーや紅茶などの茶渋といった汚れを落とす歯面清掃を行う機材です。

院内紹介

専用駐車場が1台あります。また、周辺にはコインパーキングもあります。
治療時間中の料金は当院で負担いたします。

キッズルーム

 
お子様がリラックスしてお待ち頂けるよう絵本やおもちゃなどをご用意致しております。

カウンセリングルーム

 
患者様がお話しやすいようにカウンセリングルームをご用意致しております。

トイレ

 
車いすをご使用の患者様にも使いやすいよう、広く設計しています。

殺菌灯付きスリッパ

滅菌パック・ディスポーザブル

患者様に使用する機器は滅菌パックに入れ専用の保管庫にて保管致しております。

AED