TOPへ戻る

顕微鏡検査

お口の中の細菌の状況をチェックしてみませんか?

けんもつ歯科クリニックでは、お口の中の歯垢(プラーク)を取り、顕微鏡を使ってお口の中の細菌の状況を確認する検査を行っております。

歯周病の状態、進行に関係する細菌が、どのように顕微鏡の画像として見えるか紹介します。

歯周病原因菌(スピロヘータ)

細長い蛇のようにウネウネと動く歯周病を悪化させる菌です。歯周ポケットの中で、毒素を出しながら増殖していきます。ほかの種類の歯周病原菌の活動を活発にさせる役割もあります。このスピロヘータの数によって、治療方針が分かれます。

白血球(血液の細胞成分)

外部から体内に侵入した細菌など異物の排除を行う細胞です。歯周病により炎症が起きているところでは、歯周病原菌に対抗して戦うために白血球が増加します。白血球が多く見られるということは、強い炎症が起こっていることを意味します。

最近はお子様の歯肉炎が問題になっています。歯垢(プラーク)は、お子様の歯肉炎の原因になります。また、口臭の原因にもなることがあります。

穴があいたムシ歯付近の細菌

ムシ歯原因菌を中心に、様々な細菌が繁殖して活発に動いています。
このままでは、ムシ歯が進行していきます。

 

お口の中の細菌の状況をチェックして、
患者様それぞれに合わせた治療をご提案いたします。